お木曳きとは?


 お木曳行事(おきひきぎょうじ)とは、伊勢の住民の方々が二ヶ月に渡り、式年遷宮のための御用材を両宮に曳き入れる神聖な行事です。二見浦に浜参宮をして心身を清め、内宮領は川曳(かわびき)で、外宮領は陸曳(おかびき)でそれぞれ御用材を奉曳します。元来伊勢の神領民に許された行為でしたが、第六十回(昭和四十八年)の式年遷宮より、全国の崇敬者の方々も一日神領民として参加出来るようになりました。

二見ヶ浦へ

二見ヶ浦
 平成18年6月3日(土)のお木曳き行事に参加させて頂きました。
お木曳きの前日。まずは、行事に参加するために二見ヶ浦の二見興玉神社へ浜参宮に向かいました。二見ヶ浦は禊の霊場で、身を清め穢れを祓って神宮に参拝するのが古くからの吉例となっています。

浜参宮

浜参宮
お木曳き行事に参加する人々が、浜参宮に向かう列。
二見興玉神社で、禊に代わる無垢塩草(むくしおくさ)の祓いを受けました。
無垢塩草とは二見の浦に太古倭姫命が、天照大神を奉戴して御船をとめさせ給いし興玉神社の霊蹟から採取するのだそう。

待機中。

待機中
いよいよ、お木曳き行事に参加します。
待機中もワクワク♪ドキドキ♪なのです。

それでは

諸注意等々
お木曳きに参加するにあたっての説明・諸注意を受けました。
御用材を積んだお木曳車に綱をかけ、その綱を各自手に持ち、木遣り子の先導で約1kmの道のりを外宮の北御門まで奉曳します。一台のお木曳車に取り付けられた綱の長さは片側200mで、約1000人〜1500人が綱を持ち、曳いて行きます。

出発しました。

長蛇の列
上から下まで、白一色。みなお揃いの法被に身を包み「エンヤ!エンヤ!」の掛け声とともに曳いて行きます。

「エンヤ!エンヤ!」

気合い
綱を握る皆に威勢のいい掛け声を掛けてくれていたのは、元気な小学生の男の子達でした。
ビックリです。とっても上手でした。お陰さまで楽しい道行きです。

木遣り

木遣り その2
「ここで、木遣り一本!」
なに?なに?槍が入るの?と勘違いしたのは、私だけでせう。
合いの手がまだ耳に残ってます。
 
 ♪ソーリャ ハーリワ アリャリャリャリャ
  ヨーイトコ ヨーイトコセー♪

木遣り
しばらく進んで、もう一度木遣りが入りました。
なんて、長い行列なのでせう。
先頭が見えません。


あともう少し。

角を曲がる。
外宮の北御門に近づいてきました。

到着

外宮に到着
外宮に到着しました。
みなさん、お疲れさまです。
楽しかった!

お土産

○茶「お木曳き.ver」
お祭りの後で頂いたお茶には、お木曳き車のデザインが。

?????
お祭りの記念品に頂いたお木曳き車です。
木遣り唄のオルゴール付き♪

おかげさま。


伊勢の皆さん、本当にありがとうございました。
おかげさまで思い出に残る一日となりました。
良い記念になりました。


お木曳き行事後の外宮参拝もよかったです。

blog information

>> Latest Photos
>> Links
  
banner